セガゲームス公式「ぷよぷよチャンピオンシップ」 2018年度6月大会 速報 | Japanmate

セガゲームス公式「ぷよぷよチャンピオンシップ」 2018年度6月大会 速報

2018年6月4日

 

 

アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』シリーズのジャパン・eスポーツ・プロライセンス取得選手によるeスポーツ大会が、6月3日(日)に浅草ヒューリックホールにて開催された。

 

同日の13時より行なわれたセガゲームス公式「ぷよぷよカップ」2018年度6月大会では、プロ選手と一般選手が混合で戦い、新たにぴぽにあ選手、ざいろ選手、飛車ちゅう選手の3名がプロライセンスを取得。こちらの3名を含む16名のプロ選手が、「ぷよぷよチャンピオンシップ」でしのぎを削ることとなった。

 


「ぷよぷよチャンピオンシップ」Tシャツを着て登壇した16名のプロ選手。

 

 

こちらがトーナメント表。「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス 2018」優勝者であるくまちょむ選手は、連覇を達成することができるか?

 

<第1回戦・第1試合>
へーょまは VS めいせつ○
Tom VS ぴぽにあ○

 

新人プロのぴぽにあ選手は、試合前に「優勝しか見えてません」とコメント。速攻で連鎖を繰り出すTom選手に苦戦を強いられるも、中盤に持ち直し、10連超えの大連鎖まで飛び出す猛攻で初戦を制した。

 

 

<第1回戦・第2試合>
Kuroro VS Kamestry○
meta VS Tema○

 

同年代にして最年長プレイヤーのKuroro選手とKamestry選手。互いの手の内を知る者同士だけに、激しい読み合いが予想された。全消しの恩恵を受けて先に1勝を挙げたのはKuroro選手。勢いに乗ってマッチポイントに持ち込むが、何とここからKamestry選手が執念の大逆転を見せ、会場をおおいに沸かせた。

 

<第1回戦・第3試合>
ざいろ VS マッキー○
MATTYAN VS oka○

 

 

現役高校生プロのマッキー選手が、相手の仕掛けを読み、より大きい連鎖で返す完璧なプレイを見せる。マッキー選手の12連鎖に対し、見事に13連鎖を決めて勝利するというスーパープレイが印象的だった。

 

<第1回戦・第4試合>
○live VS あめみやたいよう
○くまちょむ VS 飛車ちゅう

 

 

試合前に「眠くなってテンションが下がってきた」と語っていたくまちょむ選手。そんなコメントとは裏腹に、前回優勝者らしい冷静かつスピーディーなプレイで飛車ちゅう選手を圧倒。連鎖から連鎖へとつなぐ“セカンド”と呼ばれるテクニックが光った。

 

<第2回戦・第1試合>
○めいせつ VS ぴぽにあ

 

いきなりの全消しで弾みをつけたぴぽにあ選手は、1戦落とすも早々にマッチポイントへ。しかし、めいせつ選手はどうにか踏みとどまり、勝負はフルセットへ持ち込まれた。最後はパーフェクトな読みでめいせつ選手が逆転勝利を収め、女性選手としては唯一ベスト4進出を決めた。

 

 

<第2回戦・第2試合>
Kamestry VS meta○

 

最年長プレイヤーを若手プレイヤーのmeta選手が撃破。前回大会ではゲンかつぎにサンダルを履いて参加していたが、今回は靴に変えたのが功を奏したか。

 

 

<第2回戦・第3試合>
○マッキー VS oka

 

独特の語り口とほのぼのした雰囲気で、ファンを増やしているマッキー選手。しかし試合になると圧倒的な強さを見せ、危うげなく準決勝へと駒を進めた。

 

<第2回戦・第4試合>
○live VS くまちょむ

 

 

柔軟で自由な攻めと守りが特徴のlive選手と、ディフェンディング・チャンピオンの異名を持つくまちょむ選手が激突。live選手はさまざまな積み方を使い分け、セカンドを駆使する素晴らしいプレイで、前回優勝のくまちょむ選手を見事退けた。

 

 

<準決勝戦・第1試合>
めいせつ VS meta

 

「今日はマッキーさんと対戦したかった」というmeta選手は、相手の出方と火力をはかりつつ、確実に対応するスタイルでまずは1試合を先取。めいせつ選手に1試合取り返されるも、すさまじい火力でマッチポイントに持ち込み、逃げ切りの勝利を飾った。

 

 

<準決勝戦・第2試合>
マッキー VS live

 

大連鎖からセカンドという高度なテクニックの応酬に、観客からは大きな拍手が。live選手が15連鎖を決めて窮地を切り抜けた時には、大歓声が巻き起こった。両者譲らずフルセットとなる熱い展開となったが、高校生プレイヤーのマッキーが踏ん張りを見せて勝利をものにした。

 

 

<3位決定戦>
めいせつ VS live

 

live選手の自由な積み方と冷静な読みが冴えた対戦。この日はとても調子が良かっためいせつ選手だったが、試合後は「手も足も出ませんでした」と肩を落としていた。

 

 

<決勝戦>
meta VS マッキー

 

前回大会の上位3名が途中敗退するという番狂わせの中、決勝戦に残ったのは高校生プレイヤーのふたり。一緒に身体をブルブルさせたり、笑顔を見せたりと、大一番の前にもかかわらずリラックスした様子を見せていた。だが、本番になるとマッキー選手は異様なほどの反応の速さを見せ、あっさりとマッチポイントを奪取。圧巻の戦いぶりで優勝を手にした。

 

 

 

続く表彰式では、株式会社セガゲームス・eスポーツ実行委員長を務める宮崎浩幸氏より上位4名に賞状が授与された。さらに、3位のlive選手には賞金5万円、2位のmeta選手には賞金15万円、優勝したマッキー選手には賞金30万円とトロフィーが贈られた。

 

 

 

 

 

 

まっきー選手は「みんなをフルボッコにできて良かったです」とコメント。賞金で家族にごちそうするなら何を? という質問に「焼肉です」とはにかみながら答えていた。

 

 

MCの「みんなぷよぷよが好きかー!」という呼びかけに、「好きだー!」と手を挙げて応える選手たち。熱い試合を見せてくれた選手の皆さん、ありがとうございました!

 

最後に、大会当日に発表された「ぷよぷよカップ」「ぷよぷよチャンピオンシップ」関連情報をお届けしよう。

<年間ランキング制度>
2018年度6月大会より、「ぷよぷよカップ」決勝トーナメントの成績に応じて、プレイヤーランキングに反映されるポイントが付与されるようになった。付与されるポイントは、優勝者に100ポイント、準優勝なら50ポイント、ベスト4入りで30ポイント、ベスト8入りで20ポイント、ベスト8未満で10ポイント。ポイントは2019年3月末日をもって集計され、2018年度のプレイヤーランキングが決定される。

 

<ぷよぷよランキング ファイナルズ>
2019年春に、プロ選手ランキング上位7名と「ぷよぷよランキング プロ選抜大会」優勝者によるリーグ戦「ぷよぷよランキング ファイナルズ」が開催決定! なお、一般選手ランキング上位16名で行なわれるプロ選抜大会では、トーナメント上位4名にプロライセンス発行権利が付与される。

 

<2018年度8月大会開催決定!>
8月18日(土)に東京・浅草橋ヒューリックホールにて「ぷよぷよカップ」「ぷよぷよチャンピオンシップ」が開催決定! 下記サイトにて一般選手のエントリーを受け付けているので、腕に自信のある方はぜひエントリーを。

 

エントリーサイト
http://puyo-cup.com/
※エントリー多数の場合は抽選参加となります

 

<ぷよぷよコミュニティサイトがオープン!>
『ぷよぷよ』eスポーツの情報が集まるプレイヤーコミュニティサイト「ぷよぷよキャンプ」が、6月3日(日)にオープン。こちらはTwitterアカウントでプレイヤー登録が可能だ。

 

ぷよぷよコミュニティサイト「ぷよぷよキャンプ」
https://puyo-camp.jp/

 

 

 

 

 

「ぷよぷよチャンピオンシップ」2018年度6月大会 使用タイトル
ぷよぷよTMテトリス○R

 

メーカー:セガゲームス
対応機種/価格:
Nintendo Switch™版(ぷよぷよ™テトリス® S)/4,990円(税別)
PlayStation®4版(スペシャルプライス)/3,490円(税別)
※パッケージ版のみ・ダウンロードコンテンツ収録
Xbox One版(スペシャルプライス)/3,490円(税別)
※パッケージ版のみ・ダウンロードコンテンツ収録
ニンテンドー3DS版(スペシャルプライス)/2,990円(税別)
PlayStation® Vita版(スペシャルプライス)/2,990円(税別)
PC版(英語版)/3,490円(税別)
発売日:好評発売中
ジャンル:アクションパズル
プレイ人数:1~4人(インターネット対応2~4人)
公式Webサイト:http://puyo.sega.jp/puyopuyotetris

(c)SEGA
Tetris (R) & (C) 1985~2018 Tetris Holding.
Tetris logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding.
The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding.
Licensed to The Tetris Company.
Tetris Game Design by Alexey Pajitnov.
Tetris Logo Design by Roger Dean.