コンビ芸人2組の爆笑ステージに大盛り上がり!ナムコ×カルビー「ファミスタポテトチップス」メディア発表会 | Japanmate

コンビ芸人2組の爆笑ステージに大盛り上がり!ナムコ×カルビー「ファミスタポテトチップス」メディア発表会

人気野球ゲーム『ファミスタ』のシリーズ30周年を記念し、ナムコとカルビーのコラボ商品「ファミスタポテトチップス」がナムコ限定ゲームセンター用商品として登場! その発表会が昨日、バンダイナムコエンターテインメント本社で行なわれた。
 

▲左より、山田昇平氏(株式会社ナムコ AM営業統括部 景品チーム)、森口拓真氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント CS事業部制作宣伝ディビジョン第2制作宣伝部)、あらぽんさん・みやぞんさん(ANZEN漫才)、 ファミスタくん、山内崇さん・杉浦双亮さん(360°モンキーズ)、村石正典氏(カルビー株式会社 中日本事業本部)
 


 
うすしお味のポテトチップスに、北海道日本ハムファイターズとナムコスターズの選手が描かれたカードが1枚付いている。カードは全40種類あり、うち10枚はキラキラホログラム仕様のレアカードとなっているぞ。
 
発表会のステージには、応援大使としてマニアックな野球選手のものまねで知られる360°モンキーズと、足立区への愛を綴った「足立区の歌」などの歌ネタを得意とするANZEN漫才が登場。奔放すぎる(!?)ネタとトークで会場を沸かせた。
 

助っ人外国人選手のマニアックなものまねに加え、「アウトになる時の方が足が速い」といった『ファミスタ』のあるあるネタも披露。ちなみに、杉浦さんは独立リーグでピッチャーを務めていた凄い経歴の持ち主なのだ。
 

「足立区の歌」を熱唱するANZEN漫才。みやぞんさんは「順天堂大学と日本体育大学からスカウトが来た」と言うほどの野球の腕の持ち主だそう。だが「こいつなぜか10人目の選手としてサードとセカンドの間守ってたんですよ」と、あらぽんさんからルールを知らなさすぎることをバラされていた……。
 
爆笑ネタに続いて、360°モンキーズとANZEN漫才による『ファミスタ』対決へ。1打席勝負というシビアな条件だったが、杉浦さんがまさかのホームランを放ち見事勝利! やはり野球愛が強い男は“持って”いる!?
 

片手を上げて満面の笑みを浮かべる杉浦さんは、「いやー気持ちいいね!」と勝利を喜んだ。
 


両コンビがクレーンゲームに挑戦するコーナーでは、山内さんとみやぞんさんがクレーンを操ってファミスタポテトチップスをゲット。みやぞんさんは大谷翔平選手のレアカードを引き当て得意げな表情を浮かべていた。
 
発表会終了後、楽しいステージを披露してくれた両コンビに『ファミスタ』と「プロ野球チップス」にまつわる思い出を聞いてみた。
 
360°モンキーズ
「僕らの野球ネタがあるのも『ファミスタ』のおかげ。『ファミスタ』のおかげで生きていると言っても過言じゃないですね。どの家にもありましたし、野球ゲームの中でいちばんストライクだったんで」
 
ANZEN漫才
みやぞん「(チップスの)カードのサイズがとてもいいですよね!」
あらぽん「僕、パックマンのキャップをかぶってるんですよ。本当に前からかぶってるんです。あとせっかくなんでファミスタの音マネを……(ここで「ホームランだと思ったけどファウルだった時の音」を再現)
 
応援大使が大プッシュする「ファミスタポテトチップス」は、2月24日(金)より全国200店舗のナムコのゲームセンター限定景品として展開予定だ。同日から北海道日本ハムファイターズのグッズ&イベント参加権が当たるキャンペーンも実施予定なので、合わせてチェックしておこう!
 
 
ファミリースタジアムポテトチップス うすしお味
■設置店:
全国約200店舗のナムコ直営ゲームセンター
プレジャーキャストのアミューズメント施設(一部を除く)
■展開時期:
2017年2月24日(金)より
■ファミスタオリジナルカード概要:
ナムコスターズ ノーマルカード 全7種
北海道日本ハムファイターズ ノーマルカード 全23種
北海道日本ハムファイターズ レアカード(キラキラホログラム仕様) 全10種
 
■特設サイト
 http://www.namco.co.jp/event/game_center/potatochips/
 
(C)Hokkaido Nippon-Ham Fighters. All Rights Reserved.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.